■細くて短い毛が抜ける・・・


「細くて短い毛が抜ける」と不安に感じていませんか?

「短い毛っていうことは、成長の途中で抜けたの?」

「細いっていうことは、髪の栄養が足りないの?」

考えれば考えるほど不安に感じてしまいますよね。
このまま何もしなければ、ハゲてしまうかも・・・。

原因が分からず、どんな対策をとれば良いのかも分からないので不安や心配が大きくなるばかりです。。。

そんな、自分ではどうしようもない「細くて短い毛が抜ける」症状をどうすればよいのでしょうか?

実は、細くて短い毛が抜けるのは、あることが原因となっているのです。

これから、その原因を究明して、正しい対策をとり、抜け毛の悩みを解消しましょう。

■細くて短い毛が抜ける原因


細くて短い毛が抜ける一番の原因は、髪の毛が成長の途中で抜けてしまうことです。

髪の毛にはヘアサイクルがあり、ヘアサイクルの中に「成長期」と呼ばれる「髪の毛が成長し続ける期間」があります。通常、この成長期は3~5年続きます。

細くて短い毛が抜けるというのは、この成長期を全うできていないことになります。それどころか、生えてきて数か月後に抜け落ちている可能性が高いです。

では、生えてきたばかりの髪の毛が抜け落ちる原因は、どんなことがあるのでしょうか?

    ・髪の栄養が足りていない
    ・ストレス
    ・男性ホルモンの影響

が考えられます。この中でも「男性ホルモンの影響」というのが一番可能性が高いと考えられます。

細くて短い抜け毛というは、発毛して初期段階だからです。発毛の初期段階で抜けるというのは、毛母細胞が細胞分裂をしなくなっ蛸とが原因と考えれれます。

そして毛母細胞が細胞分裂をしなくなる原因となるのが、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテステステロン)なのです。

■DHTを作らせない!


細くて短い毛が抜ける原因であるDHTは、テステステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼ(還元酵素)の影響を受けて変化したものです。

もともとは、誰もが持っている男性ホルモンのテステステロンだったんです。

そして、テステステロンをDHTへと変化させてしまう悪者が5αリダクターゼです。

この5αリダクターゼは、毛穴にある皮脂腺から分泌されています。皮脂は頭皮を守るために必要なものですが、過剰に分泌される皮脂は取り除いた方がいいんです。

そこで頭皮環境を整えるようなアミノ酸系のシャンプーを使用すると皮脂の分泌量も正常の戻る可能性があります。

またAGA治療薬として知られてるプロペシアは還元酵素である5αリダクターゼの働きを抑える効果があります。

プロペシアは医薬品ですので、シャンプーよりも確実に効果があります。

■プロぺシアを購入する時の注意ポイント


プロぺシアは医薬品なので医師の処方が必要です。皮膚科などで扱っているクリニックもあります。
最近では、個人輸入の代行業者を通じて外国製のプロペシアを購入する方もいるようですが、これは危険なのでやめましょう。

確かに皮膚科などの購入するよりも個人輸入の方が安く手に入れることができますが、正規品のプロペシアである保障はありません。

箱だけが正規のもので、中身は偽物ということもあります。正規品のプロペシアにも副作用の可能性があります。正規品でないものなら、その可能性は高まるでしょう

実は、プロペシアは皮膚科で購入するよりも、薄毛治療の専門クリニックであるAGAクリニックの方が安く購入することができます。

■AGAクリニックがお薦めな理由とは?


AGAクリニックはプロペシアが安く購入できるだけでなく、抜け毛、薄毛治療においても皮膚科よりも勝っています。
抜け毛を止めるのに効果のあるプロペシアですが、中にはプロペシアが効かない人もいます。実は、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があるのですが、プロペシアはⅠ型にしか効果がありません。

Ⅱ型の影響を受けている人には効果がありません。そこで、新薬のザガーロでが、ザガーロは5αリダクターゼのⅠ型にもⅡ型にも効果があります。

このザガーロを皮膚科で処方しているところは、ほとんどありません。

プロペシアの副作用管理、安全性、費用面、効果がなかった場合のことを考えても皮膚科よりもAGAクリニックの方がオススメです。
ただAGAクリニックといっても、数多くのクリニックがあります。どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。
コチラのサイトでは、AGAクリニックの失敗しない選び方を紹介しています。クリニック選びの参考にして下さいね。薄毛治療の病院<最新情報!>